田舎社会人のいろいろ学習記

Python、英語、その他いろいろ

【tkinter】 画面のサイズ・位置の設定方法 - 応用【Python】

f:id:vigilantPotato:20210515005605p:plain
geometryメソッドを使用してtkinterのメイン画面の位置を調整する際、使用しているモニターサイズに合わせて位置調整をすることが多い。今回は、モニターのサイズに合わせてメイン画面の出現位置を四隅に設定する方法についてまとめた。
基礎編的なgeometryメソッドの使用方法は、以下の記事を参照。


【スポンサーリンク】


メイン画面をモニターの右上隅に設定する

geometryメソッドとモニターサイズを取得するwinfo_screenwidthwinfo_screenwidthを用いることで、モニターサイズに合わせて特定の位置にメイン画面を移動させることができる。 以下に、メイン画面をモニターの右上隅に移動させるボタンの作成例を示す。
winfo_screenwidthでモニター幅を取得し、geometryメソッドでメイン画面をモニターの右上隅に移動させている。geometryメソッドに座標を渡す際は、文字列に直す必要があることに注意。

import tkinter

#メイン画面をモニター右上隅に移動させるボタン
class MovePositionButton(tkinter.Button):
    def __init__(self, master):
        super().__init__(
            master,
            width=15,
            text="click",
            command=self.move_position, #クリック時に実行する関数
        )

        self.master = master

    def move_position(self):
        w = self.winfo_screenwidth()    #モニター幅取得
        w = w - 120                     #メイン画面幅分調整
        self.master.geometry("120x100+"+str(w)+"+0")    #位置設定


root = tkinter.Tk()
b = MovePositionButton(root)
b.pack()
root.mainloop()

実行すると以下の画面が表示され、ボタンを押すとメイン画面がモニターの右上隅に移動する。

f:id:vigilantPotato:20191113220212p:plain
f:id:vigilantPotato:20191113220358p:plain

[↑ 目次へ]


【スポンサーリンク】


その他の四隅へ移動させる場合

メイン画面をモニターのその他の位置に表示させる場合の例を示す。上記例の、move_positionメソッドを以下の様に変更すると、メイン画面の出現位置を変更することができる。

モニターの右下に表示させる場合

def move_position(self):    #右下
    w = self.winfo_screenwidth()    #モニター横幅取得
    h = self.winfo_screenheight()   #モニター縦幅取得
    w = w - 120                     #メイン画面横幅分調整
    h = h - 100                     #メイン画面縦幅分調整
    self.master.geometry("120x100+"+str(w)+"+"+str(h))    #位置設定

モニターの左上に表示させる場合

def move_position(self):    #左上
    self.master.geometry("120x100+0+0")    #位置設定

モニターの左下に表示させる場合

def move_position_3(self):  #左下
    h = self.winfo_screenheight()
    h = h - 100
    self.master.geometry("120x100+0+"+str(h))    #位置設定

[↑ 目次へ]


【スポンサーリンク】