初心者でもPythonを使ってみよう

趣味と実益を兼ねたPython学習記

【スポンサーリンク】



簡単!Python & HerokuでLINEボットWebアプリを作ろう② Herokuの設定

前回に引き続き、LINEボットの実装方法をまとめていきます。

今回はHerokuの設定についてまとめました。Herokuアカウントの作成、ログイン→アプリ登録→アドオン追加という流れで設定していきます。まだまだ初期準備ですが、めげずにやっていきましょう。一つずつ確実に実行すれば、必ず動いてくれます。

目次

Herokuアカウントの作成、ログイン

①Herokuアカウントを作成

まずはHerokuアカウントを作成します。Herokuトップページの「Sign Up」をクリックし、必要な情報を入力してアカウントを作成します。

②Heroku CLIのインストール

Herokuをターミナルから操作するために、Heroku CLIというツールをインストールします。

macの場合は$ brew tap heroku/brew && brew install herokuでターミナルから直接インストール可能なようですが、Windowsの場合はwindows 64bitか、windows 32bitからインストールします。これでターミナルからHerokuの操作が可能になります。

③Herokuにログイン

ターミナルから、heroku loginと入力すると、heroku: Press any key to open up the browser to login or q to exit:が表示されるので、q以外を入力します。その後、登録したメールアドレスとパスワードを入力すればログイン完了です。

Herokuにアプリを登録、アドオンを追加

①Heroku上にアプリを登録

ターミナルから、heroku create アプリ名と入力します。今回は、アプリ名をlineoumugaeshiとしました。

適当な名前を付けてOKですが、ほかの人が作成したアプリと同名にはできないので、重複していると警告が出たら、別の名前で試してみてください。

アプリ名は小文字のアルファベット、数字とダッシュのみ使用できます。また、アプリ名の頭文字は小文字のアルファベットのみです。

アプリが登録されると、ターミナル上にアプリのアドレスとgitリポジトリのアドレスが表示されます。今回の例では、以下アドレスが表示されました。

gitリポジトリのアドレスは後程使用するので、どこかにメモしておくと後々便利ですが、いつでもHerokuのWebページから確認することもできます。

②クレジットカード情報の登録

ラインボットを使用するには接続元IP(ここではHerokuのIP)を指定する必要があります。Herokuに無料で使用できる「Fixie」アドオンを追加すればOKですが、クレジットカードの登録が必須になります。

まずはWebブラウザからHerokuにログインし、1.右上のアイコンをクリック -> 2.Account settings -> 3.Billing -> 4.Add Credit Card と進めてクレジットカード情報を登録します。

これで「Fixie」アドオンを使用する準備ができました。

③「Fixie」アドオンの追加

ターミナルからheroku addons:create fixie:tricycle --app アプリ名と入力すればアドオンの設定は完了です。 アプリ名は①で登録したアプリの名前です。今回の例ではlineoumugaeshiです。

これでIPが固定され、ラインボットの利用が可能になります。

以上でHerokuの初期設定は完了です。

次回からようやくPythonを使用します。