田舎社会人のいろいろ学習記

Python、英語、その他いろいろ

【django】プロジェクトを開始してアプリを登録する方法【Python】

f:id:vigilantPotato:20210810151507p:plain
Djangoを用いてプロジェクトを開始してアプリを登録するまでの流れを整理する。

まとめ

①プロジェクト生成(プロジェクト名:django_test)

django-admin startproject django_test .

②アプリ追加(アプリ名:items)

python manage.py startapp items

③アプリ登録

settings.py内のINSTALLED_APPSにアプリ名を追加


【スポンサーリンク】


プロジェクト生成・アプリ追加

Djangoプロジェクトを作成して、その中にアプリを一つ追加するまでの流れを示す。事前に、プロジェクトを格納するフォルダを作成し、カレントディレクトリを移動させておく。今回、プロジェクト名はdjango-testとした。

①プロジェクト生成

django-admin startproject django_test

実行すると、フォルダ内にdjango_testフォルダとmanage.pyが生成される。その中のdjango_testフォルダ内に以下のファイルが保管される。

  • init.py
  • asgi.py
  • settings.py
  • urls.py
  • wsgi.py
  • django_testフォルダが二重になるのを避けるためには、以下の通りコマンドの最後に.を追加すればよい。

    django-admin startproject django_test .

    ②アプリ追加

    プロジェクト内にアプリを追加するには、manage.pyがある場所で以下のコマンドを実行する。

    python manage.py startapp items

    実行するとitemsアプリを管理するためのフォルダ・ファイルが生成される。

    ③アプリ登録

    追加したアプリをプロジェクトに登録するためには、settings.pyファイルを更新する必要がある。ファイル内のINSTALLED_APPSにアプリ名を追記することで、プロジェクトのアプリとして認識されるようになる。

    # Application definition
    INSTALLED_APPS = [
        'django.contrib.admin',
        'django.contrib.auth',
        'django.contrib.contenttypes',
        'django.contrib.sessions',
        'django.contrib.messages',
        'django.contrib.staticfiles',
        #your apps
        'items',
    ]
    

    [↑ 目次へ]


    【スポンサーリンク】