田舎社会人のいろいろ学習記

Python、英語、その他いろいろ

【tkinter】Radiobuttonの使い方【Python】

f:id:vigilantPotato:20210627235819p:plain
Radiobuttonは、複数の選択項目のうち一つだけを選択する場合に使用する。


【スポンサーリンク】


Radiobuttonの概要

Radiobuttonは、複数の選択項目のうち一つだけを選択する場合に使用する。以下、選択したRadiobuttonの番号をLabelに表示させる例を示す。

import tkinter

root = tkinter.Tk()

#選択値格納用変数
var = tkinter.IntVar(root)

#選択値表示用ラベル
l = tkinter.Label(
    root,
    textvariable=var,
    )
l.pack()

#Radiobutton一つ目
r1 = tkinter.Radiobutton(
    root,
    text="radiobutton-1",
    value=1,    #番号を設定
    var=var,    #番号を格納する変数を指定
    )
r1.pack()

#Radiobutton二つ目
r2 = tkinter.Radiobutton(
    root,
    text="radiobutton-2",
    value=2,    #番号を設定
    var=var,    #番号を格納する変数を設定
    )
r2.pack()

root.mainloop()

Radiobuttonのvalueオプションで番号を設定し、varオプションで番号を格納する変数を設定している。各Radiobuttonをクリックすると、設定した番号が上のLabelに表示される。

f:id:vigilantPotato:20210627235853p:plain
f:id:vigilantPotato:20210627235908p:plain
f:id:vigilantPotato:20210627235929p:plain

[↑ 目次へ]


【スポンサーリンク】


for文を用いて表示する場合

for文を用いて複数のRadiobuttonを表示させる例を示す。

import tkinter

root = tkinter.Tk()

#選択値格納用変数
var = tkinter.IntVar(root)

#選択値表示用ラベル
l = tkinter.Label(
    root,
    textvariable=var,
    )
l.pack()

#Radiobutton生成
for i in range(5):
    tkinter.Radiobutton(
        root,
        text="radiobutton"+str(i+1),
        value=i+1,  #値を設定
        var=var,    #値を格納する変数を指定
        ).pack()

root.mainloop()

for文を用いることで、複数のRadiobuttonの生成を短いコードで記述することができる。

f:id:vigilantPotato:20210627235943p:plain

[↑ 目次へ]


【スポンサーリンク】


オプション・メソッド

主なオプション・メソッド 動作
background(bg) 背景色(green, black, yellow, cyan, magenta, red, blue, white等)
borderwidth(bd) 境界幅
relief 縁の3D表示設定(flat, raised, sunken, groove, ridge)
text ボタン横に表示するテキストを設定
command クリック時に実行する関数を設定
value 設定する番号
var 値を格納する変数設定

[↑ 目次へ]


【スポンサーリンク】