田舎社会人のいろいろ学習記

Python、英語、その他いろいろ

【tkinter.ttk】Labelframeの使い方【Python】

f:id:vigilantPotato:20210615235622p:plain
複数のウィジェットをグルーピングし、かつタイトルを設定することが可能な、Labelframeウィジェットの使い方をまとめた。


【スポンサーリンク】


Labelframeの概要

Labelframeウィジェットを使用すると、ほかの複数のウィジェットをグルーピング化し、かつタイトルを付けることができる。以下、LabelウィジェットとEntryウィジェットを、Labelframeを用いてグルーピング化し、タイトルを付けて表示する例を示す。

import tkinter
from tkinter import ttk

root = tkinter.Tk()

#Labelframe
l_frame = ttk.Labelframe(
    root,
    relief="ridge",
    text="Labelframe",  #タイトルの設定
    labelanchor="n",    #タイトル位置の設定
    )

#Label
label = tkinter.Label(
    l_frame,              #Frameを指定
    relief="groove",
    width=15,
    text="frame test"
)
label.pack()

#Entry
entry = tkinter.Entry(
    l_frame,              #Frameを指定
    width=15,
)
entry.pack()

l_frame.pack(padx=3, pady=3)  #Labelframeを表示
root.mainloop()

LabelframeオブジェクトをLabelやEntryオブジェクトのMasterに指定することで、Labelframeオブジェクトに属するウィジェットとしてグルーピングされる。上記のコードを実行すると、LabelとEntryが枠に囲まれた状態で表示され、枠の上部にはtextオプションで設定した文字列がタイトルとして表示される。 また、labelanchorオプションを設定することで、タイトルの位置を設定できる。

f:id:vigilantPotato:20210617234924p:plain

[↑ 目次へ]

オプション・メソッド

主なオプション・メソッド 動作
background(bg) 背景色(green, black, yellow, cyan, magenta, red, blue, white等)
borderwidth(bd) 境界幅
relief 縁の3D表示設定(flat, raised, sunken, groove, ridge)
text タイトルに表示するテキストを設定
labelanchor タイトル位置の設定(nw, n, ne, en, e, es, se, s, sw, ws, w, wn)

[↑ 目次へ]


【スポンサーリンク】